2/20 晴れ

骨折?

一度は良くなった気がした風邪。金曜夜から再び咳が止まらなくなり、肋骨に痛みが。痛いのは、右側の下から2番目、胸骨から4、5cmくらいのところ。
4日ほど経ちましたが、まだ相変わらず痛いです。これは肋骨折れちゃってるかも?まぁ、この程度ならお医者さんに行く意味もあまりないので、放置の予定ですw
…という話をしても笑いのネタにしかならない(私自身を含め誰も心配してない)のが、いかにも馬乗り人の集団ですね。


ビギナーズホースショー & 935鞍目

土日はビギナーズホースショーの応援@東関東ホースパークに行ってきました。土曜は障害、日曜は馬場。
出場者と結果はクラブのブログをご参照ください → ビギナーズホースショー(障害) ビギナーズホースショー(馬場)

↑ これを撮影しているところを撮りました ↓

20180217_1687チャラオ

だいぶ疲れたようです。戻ってきて寝てました。

20180217_1781チャラオ

次の競技を見て厩舎に戻ってきてみたら、まだ寝てる…っていうか、目が虚ろ…

20180217_1855チャラオ

緊張しすぎて胃が痛いんじゃない?という話で、予定を早めてクラブに帰ることに。お疲れさまお疲れさま。
翌日(日曜)もヨボヨボしてたようです。誘導馬のお仕事よりも大変だったのね…お疲れさまお疲れさま。競馬場は知ってる場所だもんね。

20180218_2296チャラオ

ジャガーもひとやすみ。後肢でほっぺたを掻いてましたw

20180217_1783ジャガー

掻いて、寝る。

20180217_1785ジャガー

スピットは、たてがみのお団子を寝たまま解いてもらってました。

20180218_2103スピット

競技に出なかった私はというと、クラブに残って、たまには普段乗らない馬で練習するかどうしようか?と迷ったものの、結局2日とも応援に行って、土曜の競技終了後に東関東で1鞍練習させてもらいました。
記録会から乗っておらず、2週ほど空いてしまいました。
環境の変化、特に広い馬場に慣れておらず、できるはずのこともできなくてボロボロで、それを自覚できてる&どうすればいいのかもわかってるのに、というのがつらくて、泣きたい感じ。練習する&慣れるしかないかな…。数えてみたら、今年は、なんだかんだでまだ10鞍くらいしか練習してない。

肋骨の方はというと、速歩の時に鈍痛が…。でも、熱中してくると痛いのを忘れます。前回肋骨を折った時(←馬と柱の間に挟まれた)は、その翌週の県大会に出てました。
人間の体って不思議。


なかなか理解されにくい

鈴木明子さん 体験から語る「摂食障害の本当の怖さ」

母に「食べなさい」「お願いだから食べて……」と言われるほど、せっかく作ってもらったご飯がどうしても食べられない。そんな「食べる」という本能的な行為ができないことに葛藤し、自分を責め、誰からも認められないつらさに落ち込みました。体力がなさ過ぎて寝たくても眠れないし、スケートをやりたいと思っても電車に乗ってリンクまでたどり着けない。「生きている意味があるのかな」。そんなことを思いながら、どん底にいる気分でした。

「食べられるものから食べよう」

私が回復するに至ったきっかけは、母からのこの一言でした。「食べなさい」「野菜とお米も食べないと」という言葉から、「食べたいものを食べればいいわよ」という言葉に変わり、私は母に摂食障害を患った自分を受け入れてもらえているような感覚を覚えました。「何もできていない私でも、生きていてもいいんだ」と思えるようになったんです。

肋骨が痛いのも周囲からはわからないので、朝の電車ではガードしつつ乗っています。ちなみに、怪我アピールのために、必要はなくてもサポーターや包帯を巻いたり松葉杖を持ったりするという「技」もあります。


センスがある

功績をロゴに!

こちらは、Maxwell方程式を旧約聖書の創世記風に。


メモ


ビギナーズホースショー 写真編

写真の整理&配布前に、超ダイジェスト。

競馬用ゼッケンを使うんかーい!w

20180217_1668チャラオ

そして、飛ぶ。

20180217_1708チャラオ

小障害A、Nさん&ジェンヌ。メーターなんて余裕なペア。

20180217_1817ジェンヌ

トップスコアの表彰式。賞品は各自が選択。中身は開けてのお楽しみw
じゃんけんでワインの贈呈も。勝ったのは未成年の女の子←飲めない。オリンピックに2回出場したHさん(華原朋美さんの先生)は、じゃんけんで負けてましたw

2日目は馬場。Nさん&ジェンヌのL1。ジェンヌはできるんです…私が下手なんです…orz

20180218_1984ジェンヌ

外部の競技会に来た時は、ミュンスターを安心してなでなでするチャンスですよ。そんな内弁慶なところがかわいいw

20180218_2053ミュンスター

Kさん&ジャガー、いい感じでした。

20180218_2140ジャガー

2/16 晴れ

おやすみ中

20180127_0969ミルフィーユ


あとでちゃんと読む

本題に入る前の冒頭部分から「ギクッ」とさせられることが書いてあります…(;・∀・)

Improve Your Dressage Scores with These 5 Tips

  1. Always push the free walk
  2. Ride everything as accurately as possible
  3. Read the directives
  4. Use the areas that ‘aren’t marked’
  5. Check your position

日本馬術連盟審判員(の3級)あたりを取るのも勉強になりそうだなぁ思ったりしつつも、なかなか…


きゃわいい♥


機械学習

ねこと画像処理 part 2 – 猫検出

ただ、この論文の手法だとアノテーションデータの収集がさらに困難になってしまうのと、スコティッシュフォールドみたいな耳が立っていない品種では検出精度が低くなると思います。

さらにスコティッシュフォールドにはハイランドフォールド(ロングヘアフォールド)と呼ばれる長毛種もいて、こちらはふさふさ折れ耳で検出難度がさらに高くなります。かわいすぎる。

黒猫は画像工学的にも光学的にも処理が難しい品種。特徴が取れません。オートフォーカスもよく外します。さらに飼い猫の場合は毛並みがツヤツヤで光をよく反射するので照明変動の影響も強く受けます。なので黒猫に限ってはシルエットなどの大域的な特徴を使う他ないのかなと思います。

青鹿毛 & 「スコティッシュフォールド」なジェンヌの検知は難しいのか…w

どうせやるなら馬とか山とか絡めてニヤニヤ楽しみながら自宅でもやっちゃおうかなーと妄想しながら、気力がなくて妄想で終わってます。
十数万枚ある馬写真をどう整理するかという問題もあります。誰かの写真が欲しくなった時、探すのが大変。例えばブラックの写真集とか…このままでは1周忌にも間に合わない…。

Hadoop による大規模画像データの並列分散処理

MapReduce は並列処理のプログラミングモデルの1つであり,Map 関数とReduce 関数を記述するだけでタスク管理の知識がなくとも並列処理を実現出来る.本研究では主にテキストデータに対して用いられてきたMapReduce を画像処理に適用している.また大規模画像処理の題材として類似画像検索を行い並列化の効果を検証した.

「何が食べたい?」と聞かれたときの最適解

一生でしっかり食事ができる年齢を80歳までとすれば、1日3食ならその回数は約9万回。朝食を抜くと約6万回。今40歳なら食事できるのは残り3万回しかない。貴重な食事の機会と人生を極力無駄にしないよう、1度でも多く素敵な料理と出会ってもらいたい。そのための参考にしてほしい。

今回も前回(「前年比406%、SNSで激増する『ポテサラ投稿』の真相」参照)と同様、SARAHに集まった投稿をテキストマイニングすることにより、「和・洋・中」それぞれのコメントに関する頻出ワードを調べてみた。


面白そう

いろいろ気になるお題が。行かせてもらえないか上司に相談してみようかなw

「変わりゆく数学 ~数学による社会的・人類的課題への挑戦~」 JSTさきがけ「社会的課題の解決に向けた数学と諸分野の協働」領域 第1期生研究成果報告会

これ ↓ も面白いww


選択的夫婦別姓

賛成に1票。私の周囲にも、別姓にできなくて困っている友人が何組いることやら。


北海道

北海道がでかすぎるというのが、流氷をホイホイと見に行けない理由のひとつ。
東京~紋別は1日1往復あるのですが、札幌と大阪(ITM、KIX、UKB)からは路線がない…というか、紋別空港には東京線しかない。。
札幌からバスに乗るのが最も実現性が高そうな一方で、流氷を空から見るのも素晴らしいそうです。どうしたらいいですかねー。

18きっぷで全国あちこち歩き回った私も、JR北海道は、津軽海峡線(〜函館)と、新千歳空港から小樽まで使ったのみなのです。


鹿児島

志布志は、東京→那覇のフェリーで寄港したことならあります。上陸してません。

「志布志市志布志町志布志の志布志市役所志布志支所」が「志布志市志布志町志布志の志布志市役所」になるかも?

市の名前と町の名前が同じであるが故に起きる珍現象で、インターネット上でもよく知られている。支所にも「志布志」の文字がひたすら書き連ねられた看板が設置されており、一種の公認ネタと言えなくもない。そんな名前がひょっとすると短くなってしまうかもしれないのだ。


秋葉原


幕張

#ばと打ってバレンタインが出たやつはチョコ貰える、私の予測変換は「バス」でした。
で、そこから始まった大喜利。「『義理バス』はベンツ希望」と書きましたら、超過密バス路線・幕張本郷~海浜幕張の話になりまして、

日本一の過密ダイヤを連節バスで解消! 京成バス「新都心・幕張線」

連節バスは、4万人が就業する幕張新都心への足を確保する「幕張新都心地域BRT事業」として運行(BRT=バス・ラピッド・トランジットの略)。実は、幕張本郷駅から幕張新都心へは、1時間に3000人という全国で最多輸送量がありました。
これをクリアするために導入されたのが、この連節バスです。

ライトレールでも敷いた方がいい気もします。私もたまに乗ります。
調べてびっくりしたのが、このバスのトランスミッションは4速ATだというところw


モノレール


資源管理

日本だけが漁獲量減少、ノルウェー漁業を見習うべき理由

昨年、サンマやスルメイカが記録的な不漁というニュースが大きく報道されたことは記憶に新しい。他にもホッケ、ウナギ、クロマグロといった魚の漁獲量減少も深刻な状況だ。ところが、実はこうして魚が減ってしまう理由は、世界が持続可能な漁業に変わって行く中で、日本特有なのだという。

水産庁のコメントを聞いてると、もう呆れるしかない。


豆乳鍋

おいしそう。白菜その他が高くて、今年はあまり鍋にしてません…。

1/31 晴れ

難しい。

日本馬術で知られざる世界的快挙。五輪に出られなくとも伝説の人馬。

しかし、馬にどれだけ才能があっても、それを引き出すのは人間だ。うまく乗ってやれなければ、良い結果は出せない。そして、才能と力がある馬は往々にしてコントロールが難しい。エクゥィスクリアウォーターもその例に漏れなかった。競技に出ると必ずミスがあり、思うようにスコアを伸ばすことができない日々が続いた。そんな状態のまま代表選考会を迎えた。

続きを読む 1/31 晴れ