9/28 くもり

馬蹄形

ヨーロッパでは、「しあわせを呼ぶ形」。

20160925_7585

銀座線工事

銀座線一部区間を4日間運休、渋谷駅移設の一環

同社広報課によると、工事が直接影響する区間は渋谷─表参道間だけだが、表参道駅には列車の折り返しに使える分岐器(ポイント)がない。浅草方面から到着した列車が折り返すことのできる駅で渋谷に最も近いのは溜池山王駅なので、同駅を臨時のターミナル駅として使うことにした。

溜池山王─表参道間にある外苑前駅は銀座線しか通らない駅で、同線が運休すると“陸の孤島”になってしまう。そこで浅草─溜池山王間とは別に、外苑前の前後の青山一丁目─表参道間を往復する列車を走らせる。同区間は折り返し設備が不要の単線運転とする。

そういう理由か。外苑前は、健康な人は青山一丁目とか表参道から歩きましょうw
国道246号をまっすぐ歩くこと、10分くらい。

大学の講義

「もったいない」の一言。いま思うと、大物先生ばっかりでしたよ(後悔)

人口密度マップ

腎結石

ジェットコースターが苦手と言う某さんを思い出したり。

腎臓結石排出にジェットコースターが効果アリ。特に後部車両が効果的との研究結果

実験ではコースターの先頭車両に乗るよりも、後部車輌に乗るほうが(より高速でGも強くなるためか)結石の排出の可能性が高くなったとのこと。具体的な数値で言えば、先頭に乗った場合は石の排出率が16.67%だったのに対し、後部車両では63.89%に達したとしています。さらに石が腎臓の上部にある場合に限れば、ほぼ100%に近い排出率が確認できました。

休息と安静

私には安静も休息も足りていない。かもしれない。

犯罪手法

ニュースを見てると、余計なおせっかいや、とんちんかんな解説の多いこと多いこと。

よーく考えよう

「相関関係」と「因果関係」の違いを理解すれば根拠のない通説にだまされなくなる!

ここから得られる教訓は非常に重要だ。相関関係にすぎないものを因果関係と混同してしまうと、誤った判断のもとになってしまうのだ。子どもの学力と体力のような例であれば、間違える人は少ない。しかし、もう少しもっともらしい話になると、多くの人が根拠のない通説を信じ込んでしまっている。

この点をごちゃまぜにしてごまかす人の多いこと多いこと。(報道を含む。)

6/14 晴れのちくもり

すっきり

20160611_2689レイシャス

4年に一度の大騒ぎ

街中は準備完了、といった感じ。今週末ですよ。

6月18日、19日「浦安三社例大祭」開催に伴う、一般路線バスの運行について

平成28年6月17日(金)~19日は「浦安三社例大祭」が 開催されます。
6月18日(土)、19日(日)は浦安市元町地区で三神社の宮神輿の渡御があるため、
両日は渡御の時間を中心にバスの運行に変更が発生します。
特に浦安駅周辺で大規模な神輿の渡御のある19日(日)は運行変更の規模や時間帯が長くなっております。

6月19日(日)につきましては、日中時間帯浦安駅入口・南行徳駅に当社バスはほとんど乗り入れがありません。

なお、おさんぽバスにつきましてはすでにお知らせした通り、6月18日(土)、19日(日)は全便運休させていただきます。

研究船

ものすごい減り方ですねぇ。複雑な気分。運行会社は(以下略

昔話をすると、「白鳳丸」には20日くらい、「みらい」には45日くらい乗りました。どちらも、レグ1つ分(港から港までの1区間分)の日数。「新青丸」は最近できた船で、私は乗ったことがないです。

海洋研究船の航海日数激減、日本学術会議が日数確保訴え

学術研究船の航海日数は2004年度に年間285日あったのに対し、2015年度は「白鳳丸」が157日、「新青丸」が176日に減っている。他の海洋研究船もほぼ同じ状況だ。学術研究船以外で共同調査などに用いられる海洋研究船の2015年度運航日数は、2009年度のほぼ半数ほどまで落ち込んだ。2016年度の航海予定日数は「かいれい」「よこすか」を合わせて50日程度、「みらい」で100日程度となっている。

レジリエンス

市立図書館にあるらしいので、予約。ネットで予約して、会社に行く前 or 帰る途中に駅前で受け取る、という便利なシステムを駆使するのですw

ストレスからの回復力「レジリエンス」の磨き方

ストレス解消法といわれる方法はいろいろありますが、一過性の解消法に頼るのではなく、自分の人生を根本的に考えなければいけないと思います。

引力

なぜなのでしょうね、怪我をしても乗れるというのは。(人のこと言えない)

元ジョッキーと元競走馬 再生の道のり3ヶ月の記録 「BS1スペシャル ホースフレンド~人と馬・北の大地の再生物語~」

たった一度の落馬事故でそれまでの人生で築き上げた大切なものを失った元ジョッキーと、勝てずじまいで行き場所を失い活躍の場を追われた一頭の落ちこぼれサラブレッド。北海道の小さな牧場「ホースフレンドファーム」を舞台に一組の人馬が、歩み始めた再生の道のりは果たして・・・

「馬」という不思議な魅力を携えた動物をフィルターにして、ひたむきさ(?)のようなものを教えてもらった3ヶ月でした。自分の中にもちょっとした支えのようなものを与えてもらった気がします。そうした感じをテレビ画面から少しでもお伝えできればと思います。

6月19日(日)夜7時、「明日からの1週間も頑張ろう」とちょっとだけ思えるような番組です。お楽しみに。

4/29 晴れ

炎の体育会TV

明日土曜の夜7時は、TBS(6ch)を見るべし。
↓日馬連も宣伝してるw

渡り鳥調査にご協力ください

友人が、ロシアの北極圏まで雁の調査にお出かけします。ぜひご協力を。

日本に飛来する雁の調査開始から30年!コクガンの繁殖地解明へ!

雁(ガン)類の渡りのルートや越冬地に解明に努めて30年
今だ解明されていない、日本に飛来するコクガンの繁殖地
日本に飛来するコクガンの繁殖地解明のために雁の越冬地へ!

睡眠不足解消

本日休息日。寝ること19時間、だいぶ頭がすっきりした。

4/11 雨のちくもり

科博クラウドファンディング

目標+αで 26,230,000円。おめでとうございます。

パクチー三昧

山の会メンバーでお食事@チャオパクチー(下北沢)。Nさん夫妻、Aさん、Sくん、Kさん、Kさんと私で7人。
ヤムウンセンその他、いろいろおいしかった。パクチー嫌いな人はダメそうだけどw

さて、飯豊山縦走(山形・福島・新潟)の話が出てます。
最短でも2泊3日、できれば4泊5日くらいあったらいいよねーなんて。
4泊5日となると、山の会史上最も贅沢な山行じゃない?と。
Kぴよさん持参の昭文社地図を見ると、これはなかなかハードそう。
休みの問題もあるけど、私の膝は耐えきれるのか?むむー。
…という本題(?)に割かれた時間はわずか数分で、ほとんどは笑い話で4時間以上。
「和歌山の隣が~」とかw

久しぶりに下北沢で降りました。いろいろと懐かしい思い出があるところ。
小田急の地下化(&複々線化)工事もだいぶ進んで、この街も変わりつつあります。
今度まったり散歩してみますか。

2/24 くもり

先日の日記に書いた懸念が、書いたその通りに実際の死亡事故になっていました。

2人死亡事故「色覚障害者に見やすい信号だったら…」

一時停止義務を守らず乗用車で交差点に進入し、タクシーと衝突して2人を死亡させたとして自動車運転処罰法違反(過失致死)に問われた宮城県富谷町、中学教諭、**被告(52)の初公判が23日、仙台地裁(村田千香子裁判官)であった。**被告は起訴内容を大筋で認めて謝罪した上で「先天性色覚異常があり、赤点滅の信号を黄色点滅と見間違えた」と述べた。

東日本大震災以降、全国で消費電力の少ないLED(発光ダイオード)型への信号機切り替えが進むが、従来の信号機よりも色が見えにくいという指摘もあり、専門家は「誰にでも見やすい信号機の導入を進めるべきだ」と提言する。

ストレス

最近あれやこれやと積み重なって悶々としていましたが、北海道に行ってだいぶすっきりしました。(体力的には結構しんどいw)
萬福寺に始まり、たまたまなのでしょうが何度もタイミングよく助け舟を出してくださったIさんには、お礼を言わねば。で、いろいろと見習いたい。

でも、首の回りがガサガサするとか吹き出物が多いとか、まだまだ心理的な負担が大きい状態は続いているようです。
そろそろまた皮膚科行かなきゃだめかなぁ。決まって「ストレスのない生活を送ってね」という、「それができたらこんな苦労しませんって」というアドバイスされるのですがね。どうしたらいいものですかね。

二重偏波化

新千歳空港ではボーイング737のエンジンが煙を噴いたそうですが、そんな中も世の中どんどん進みます。

「大人の事情」に振り回される身分になると、学生時代に持っていた特権がうらやましく思えてきます。
もっと活用すればよかったのにねぇ。もったいない。

天候の急変を探知…羽田と関空に最新鋭レーダー

離着陸する際の風の急変の中でも、下降気流が地表にたたきつけられて四方に強風が吹き荒れる「ダウンバースト」は特に危険で、1975年に米ニューヨークのケネディ空港でイースタン航空機が墜落し、115人が死亡した。国内でも93年に岩手県の花巻空港で日本エアシステム(当時)機が着陸失敗・炎上し、58人が重軽傷を負うなど各地で深刻な被害が報告されている。

このイースタン航空の事故の論文は重要でして。
飛行機を着陸させる方法やら航空用語やら何やら何もかもを知らない私は、読むのに苦労したものですw

続きを読む 2/24 くもり

2/12 くもり

メールサーバー設定のその後

届かなかったメールが届くようになりました。ということで、解決。

重力波

どこから漏れたのか、少し前から噂になってましたけど…昨年12月29日には「お布団の重力」ネタを書きましたけど…本当にすげええええ。
こんなに早く観測されるとは思わなかったです。感動。本物だといいですね。

「離れ業」「天文学に革命」 世界の科学者、重力波観測を称賛

アインシュタインの「最後の宿題」と呼ばれた重力波の観測が発表されると、瞬く間に世界に伝わった。国内外の研究者らは「とんでもない離れ業だ」「天文学に革命をもたらす」などと興奮気味に偉業をたたえた。

宇宙誕生時の理論研究で知られる佐藤勝彦・自然科学研究機構長は「疑いようのない美しいデータで驚いた」と感動した様子。「一般相対性理論はアインシュタインがほとんど独力で、理論を突き詰めて導き出した。証拠がこんなに見事に見つかるのは、理論物理学の勝利と感じる」と声を弾ませた。

ついでに、お布団ネタを再掲。

ここでひとつ豆知識を。どっちも日本語だと「重力波」なのですが、今回大騒ぎしている重力波は「gravitational wave」の方で、これとは別に「gravity wave」というのもあります。後者は、石ころを池に投げれば人の目で見えますw
それから、現代では、アインシュタインの一般相対性理論のお世話になってない人はいません(一般相対論を使わないとGPSは働きません)。ということで、基礎科学に対して「何の役に立つの?」と言ってはいけません。

最後に蛇足。私の学位記(卒業証書)は、

続きを読む 2/12 くもり