1/17 晴れ

昼寝

※生きてます。

20170115_1222ポニ男

馬房から出したら寝転がりそうだなぁと思ったら…その通りでしたw

22年

阪神・淡路大震災22年 追悼の祈り続く

発生から22年がたち、震災を経験していない世代が増えています。神戸市が平成26年11月に行った調査では、震災のあとに生まれたり、ほかの場所から市内に転入してきたりした人はおよそ44%を占めました。

次の世代に、震災の記憶や教訓をどのように伝えていくのか、年を追うごとに大きな課題になっています。

神戸に行ったことがなかった当時の私には、とても遠い世界のことのように見えていました。
ここ数年、神戸を訪れる機会が随分と増えました。自分の目で神戸の街を見るようになり、22年前に起きた出来事の重みを感じています。

疲労≠疲労感

「好きな仕事」「達成感」がエンジニアを壊す

好きな仕事をしていたり、達成感や成長を実感したりすると、確かに「疲労感」は吹き飛ぶ。ただ、これはあくまでも脳が「疲れているという感覚」を認識しなくなるだけ。疲れは体を蝕んでいる――。

どきっ…。
(馬に乗ってる間は疲労感がない。)←

ベースレイヤー検証

ヒートテックは本当に登山で着てはダメなの? 最新版ヒートテックの速乾性能をテストしてみた

今回のテストで分かったことは、まずはやはりジオラインの圧倒的な乾きの速さ。「M.W.(ミッドウェイト)」というそれなりに保温効果も高い素材でのこの結果は、アウトドアメーカーの面目躍如といったところ(当然ですが、アウトドア用製品にはより高機能・高価格のインナーが多数存在します。入手しやすいコスパの高さから、私がジオラインを選んでいるだけです)。

私は、「運動する時はヒートテック着ない派」です。
そもそも、水分を吸収して(継続的に)発熱するなんて、物理法則を無視してますから。そんなのあり得ませんって。

訴訟社会

私が山から帰ってこなかったり落馬して死んだりしても、誰かを訴えたりしないでくださいw

御嶽山噴火で遺族が提訴へ 国と県に1億5千万円請求

2014年9月27日に起きた御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火災害をめぐり、死亡した登山者5人の遺族が、国と長野県を相手に総額1億5千万円の支払いを求める国家賠償請求訴訟を起こす。噴火警戒レベルの引き上げを怠ったなどと主張。

山登りというのは全てが自己責任であって、何かあっても自分の能力不足か運が悪いかだと思いますけれど。
対応できないことをしてはいけないし、常に注意して行動しなければいけないし。あと、自然は予測可能だと思ってるのでしたら、それは人間の傲慢な考えでしょう。

遭難して誰かに責任を押し付ける人は山に来ないで欲しいです。少なくとも、私は一緒に行きたくありません。

→ 続きを読むためには、ユーザー登録が必要です。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目