3/13くもり

ランくん写真集

ランくん写真集の印刷・製本が終わりました。
※表紙が健康手帳の写真なだけで、当然ながら、健康手帳そのものではありません。

P_20160313_223411

Iさんに1冊、Tさんに1冊、クラブに1冊、引退先に1冊の4冊。…自分の分を忘れていました。

ラ・クァルティーナ

Kさんのお誘いで、N響チェロ奏者4人で結成された「La Quanrtina」のコンサート(@千葉市科学館プラネタリウム)へ。
最近中途覚醒やら早朝覚醒やらが続いていてぐったりしているところに、癒しのチェロの音。身と心を安心してゆったりと委ねられる演奏というのはいいものです。
曲目は、

  1. F. グリュットマッヒャー:聖歌 op.65
  2. J. クレンゲル:4本のチェロの為の4つの小品
  3. J. S. バッハ:シャコンヌ
  4. J. R. プールトン:オーラ・リー(ラブ・ミー・テンダー)
  5. J. ウィリアムズ:シンドラーのリスト
  6. E. モリコーネ:シネマ・パラダイス
  7. E. モリコーネ:チャイルドフッド・マンフッド
  8. R. ロジャース:サウンド・オブ・ミュージック・メドレー

ちなみに、1530円という破格の安さw

プラネタリウムなだけに、天井には星空や花々の投影も。
ふと、波照間島に行った時、天体望遠鏡で土星の輪を見て感動した時のことを思い出しました。それを引き金にして、「そういや、夕食後に宿の前の道路の真ん中に転がって、夜空を見ながら2人で長々と話をした彼女は今どうしてるのだろうなぁ」(←普通に話をしていただけですw)とか、15年近く昔のことをいろいろ思い出していました。
当時はSNSなんてなかったのはもちろん、そもそもPHSが圏外で、10日間くらい俗世から隔離されたところにいたのですよね。現在の「常にオンライン」という状況と、こういう15年前の状況、どっちが楽しいのかしら。