4/3 くもり一時にわか雨

764鞍目&みつわ台桜祭り

見頃な桜を背景に、乗っている姿の写真をたくさん撮影。年に1度のチャンス。馬場のすぐ向こう側は駐車場で、車を隠しつつシャッターを切るタイミングを計るというのが非常に難しいところ。

20160403_0573スノーウェーブ

写真は配布準備中。

みつわ台桜祭りも、今年はちょうどいい時期に当たりましたな。レッスン開始時間を少し後ろにずらして、ちょっと覗いてきましたw

さて、本日はジェンヌでN田さん。
ジェンヌは2007年春に競馬から引退。私が彼女に出会ったのもその頃かしら。当時は何度も爆走されたw でも今は、全日本障害に出るまでに。私は、彼女にいろいろ教えてもらう立場。
(仕事のストレスの発散のため、以下、普段より文章が長めです。)

レッスンは、肩内と、収縮速歩⇔中間速歩の練習をみっちり。それから反対駆歩も。
途中、馬場が空いたところでA3課目を通しで1回。

できなかった感が半端ない1鞍だったけど、まずは馬がどんな動きをするのか感覚をつかむところからよ、というお話。肩内は内方脚でけんけんしてるイメージ、というのはわかりやすかった。何度もトライして、1回だけちゃんとできた。

経路は、何となく回るのではなくて、1つ1つの運動をちゃんと意識すること、とも言われました。
改めてA3課目の経路表をきちんと見てみると、速歩が「尋常速歩」「歩幅を伸ばした速歩」で、駈歩が「尋常駈歩」「中間駈歩」+「反対駆歩」。
それに対してL1課目は、速歩が「収縮速歩」「中間速歩」で、駈歩が「収縮駈歩」「中間駈歩」+「反対駆歩」。
A3とL1、ぱっと見た目での大きな違いは、肩内とターンオンザホンチスだけど…こうして比べてみると、確実にレベルを上げなきゃならないのがわかる。
思った以上に道が遠いよー。
ジャンピングやるにも、馬場ができないと、…ねぇ。

なお、ジェンヌの写真を撮り忘れていました。まぁ、いつも通りな感じでしたけどw