2/13 くもりのち晴れ

出勤日

本日は出勤日。ちょっと悔しいのですが、静かなだけに快適に進みます。

新イヤフォン

何年か使ってきたノイズキャンセリングイヤフォンが壊れかけてて、ノイズを消すどころかバリバリというノイズが入るようになってしまい、仕方なく買い替え。SONY MDR-EX31BNを購入。購入日は、6TBハードディスクと同じく1月28日(木)でした。

高価じゃなくて、持ち運べて、それなりに信頼できそうなもの…という条件で機種を選定。しかし、選定とか言う前に、こういう条件では選択肢が全くと言っていいほどありませんでしたw

で、しばらく使ってみた感想はこんな感じ。

  • 初Bluetooth。aptXを使えば、音質低下は許容範囲。主に電車で使うことだしね。
  • ケーブルがないのは予想以上に便利。
  • ノイズキャンセリング性能に文句なし。
  • 自分で電池交換できないので、電池の寿命(経年劣化)が気になるところ。何年耐えられるかしら。
  • いくつかの航空機では、飛行中に使用できない(例: JAL)。飛行機内では、ノイズキャンセリングイヤフォン使うと快適度が大幅に良くなるので残念。でもまぁ、737-800、767、777、787などでは問題ないみたいなので、大抵は大丈夫ですかね。
  • 充電しながらだと使えないということで、ヨーロッパ便や北米便などの長距離路線では特に厳しいかしら。

マイナス面はいろいろとあるものの、総合的に評価すると「Good!」だと思います。

ツアー準備

一番土地勘がないのは、たぶん私。友人頼み状態ですみません…w

たばこ

興味深い。

タバコ資金で行われた研究の論文投稿や学会発表の禁止について(理事会提案)

日本衛生学会は人の命(生)を衛ることを学会の目的としています。これに対して、タバコ会社は人の命を奪うタバコを販売することによって経営が成り立っています。

この概算にもとづけば、JTの調整後国内営業利益2,387億円から支給される補助金は340万円ごとに、ひとりの日本人の命が奪われた結果であることになります。日本衛生学会は人の命と引き換えに生み出されたそのような資金でなされた研究活動は本学会の目的と真っ向から対立するものであると考え、それを発表する場を提供することを拒否いたします。

この研究では受動喫煙の健康影響の有無について1980年から1995年の間に発表された総説論文106編を解析したところ、うち39編(37%)が受動喫煙の健康影響を否定していましたが、そのうちの29編(74%)の著者はタバコ会社との関係がありました。多変量解析で受動喫煙は健康影響がないとする論文の様々な要素・特徴ごとのオッズ比を調べると、唯一有意に関係していたのは著者がタバコ会社と関係が有るか無いかで、そのオッズ比は88.4(95%信頼区間16.4-476.5)でした。従って客観的であるはずの科学研究においても著者のタバコ会社との関係性が大きな影響を与えており、タバコ会社から資金を得てなされた研究は、タバコの害を低く評価する方向にバイアスしている可能性があると考えられます。

2月2日 晴れ

節分

豆を買ってくるのを忘れた。明日忘れないようにしよう。

にしても、「特別地帯」って…

恐怖のWindows Update

Windows 7/8.1→Windows 10が“推奨される更新”に

自動更新に関連するプログラムは「KB2952664」と「KB3035583」。Windows Update上の概要には「この更新プログラムをインストールすると、Windowsの問題が修正されます」としか説明されていないが、詳細情報を見ると前者のタイトルは「Windows 7アップグレード用互換性更新プログラム」に、後者は「更新プログラムにより、Windows 8.1および Windows 7 SP1にGet Windows 10アプリをインストールする」となっている。

The Astonishing

Dream Theaterの新作、「The Astonishing」が出ました。早速ポチって、本日CDを入手。
売り文句は、

プログレッシブ・メタル・タイタン、ドリーム・シアターによる2年半ぶりの最新作! !
フルオーケストラ仕様のダブルコンセプトアルバムリリース!
綿密なストーリー構成により34曲収録、トータル2時間10分の超大作! !

ちなみに、公式アカウントがYoutubeに全曲アップロードしています→Dream Theater – The Astonishing (Album Stream)

このYoutubeで少しかじってみた感想。一言で表すと「随分とチャレンジャーですね」。
まずメタルっぽくない。プログレッシブ・ロックの仲間には入りますかね?俗に言う「クラシック音楽」で例えれば、新古典主義的な位置づけになるのかしら(ちょっと違う気もしますが)。
評価は真っ二つだろうなぁ。

前述のように、公式アカウントがこのアルバムを丸ごとYoutubeにアップロードしちゃっているので、「実質無料」。そんな世界を十数年前から予言していた人がいたそうです。