10/27 晴れ

誘導馬チーム

芦毛さんが増えました。乗らない(接点が少ない)と、なかなか顔を覚えられません…

20161022_8125エストレーア

エストレーアは、うちに来てからの期間が比較的長いですかね。

ブラタモリ

ブラタモリを見てると、お出かけしたくなります。
こういうスタイルで歩き回るというのが市民権を得つつあって、私の行動も怪しまれなくなったのがうれしいw

「ブラタモリ」の裏側は現場力を持った最強チームが作っていた。

おそらく台本どおり進めばこんな面白い話はないのですが、そんな風に行かないのが「ブラタモリ」のいいところ。タモリさんがもっと面白くしてしまうのです。

敬意の示し方

残さず食べるが私の信念。…なのですが、歳とともに守るのが難しい場面が増えました。ごめんなさい。

乳牛が「乳搾り体験でストレス死」は本当か? 伊香保グリーン牧場のイベント中止報道で議論

「牛さん」は、人工授精で生まれ、乳を搾られ、子供が産めず乳の質が低下した場合は肉牛として殺処分される家畜の命について、「残酷だと思うのなら、食事の際にいただきます、ごちそうさまと言って」、「家畜の命が食べる人の血となり肉となり元気の源につながることを意識してほしい」と述べた。また、家畜にとっての「かわいそう」なのは、病気などで食べられることなく捨てられてしまうことだとも述べている。

よく食べる

むしろ、あまり食べてないと心配に。
秋になったら実際に食欲が増すのか、聞いてみようw

日経テクノロジーオンライン通信(2016年10月27日)

「天高く馬肥ゆる秋」という言葉もあります。「空は澄んで晴れ、馬が食欲を増し肥えてたくましくなる秋」と、秋が好い時節であるという意味ですが、史実に沿った本来の意味は「馬たちに夏草をたくさん食べさせ、北方民族が収穫物を狙って略奪に来るぞ」という警告だったのだそうです。

山番組(?)

“リアル山ガール”工藤夕貴が山の魅力をアピール。「夢は山小屋の主人になること」

NHK BSプレミアムで11月6日にスタートする「プレミアムドラマ 山女日記~女たちは頂を目指して~」(日曜午後10:00)の試写会に、主演の工藤夕貴、共演の夏菜、萩原聖人が出席した。

夏菜は登山ロケについて、「山を登っていくと心が晴れる。自分と向き合うことができるのはすてきなこと。山では携帯電話の電波もないけれど、携帯がないとこんなにも人とコミュニケーションをとることができるんだと思った」と魅力を語った。

下界から離れて電気も来てないような所で時間を過ごすのも、なかなかいいものですよ。

→ 続きを読むためには、ユーザー登録が必要です。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目