8/20 くもり一時雨

831鞍目

御殿場前の最終日。レッスン枠を後ろにずらして、空いた馬場で経路練習させてもらえることに。ありがたや。待っていたら虹が現れました。

20160820_5430スノーウェーブ

で、私が乗る頃には再び雨 orz

先生に見てもらっていろいろと教えてもらうものの、最後は自分自身で「感覚」を掴まないといけないのですよね。まだまだです。大丈夫かなぁ。
…なんてことを改めて感じさせられた1鞍は、馬場が田んぼ状態だとテンションが高くなるジェンヌ。せんせいはN田さん。ほーほー言いながら、時に走られそうになりながら乗りました (^_^;)
ビビって乗ってるのも悪いのでしょうが、左の駈歩での反対駈歩ができなくて何度も何度もやり直し。蹄跡に入るところで綺麗にフライングチェンジされたり(←もちろんダメ)、速歩になったり。
できるまで終わりにしてもらえず…ようやくできた時には暗くなっていましたw ちなみに、私の重心が右に寄っているのが原因でした。

しかし、私の指示でフライングチェンジした時は、こんなに綺麗にできないんですよねぇ。悔しいw

オリンピック終盤

馬術も終了。世界の壁は高いですなぁ。

硫黄島で死んだ「日本人金メダリスト」の悲劇

日本馬術史上、唯一の金メダリストをご存じだろうか?

1932年のロサンゼルス・オリンピック最終日、西竹一中尉は当時花形競技だった馬術にて勝利し、「バロン・ニシ」の名でその勇姿を称えられ、日本国内はもとより世界からも賞賛を受けた。

しかし、その伝説的英雄も、やがて太平洋戦争最大の戦いのひとつ、「硫黄島の戦い」で壮絶な最期を遂げる。

お疲れさまでした。観戦、楽しかったです。

→ 続きを読むためには、ユーザー登録が必要です。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目