4/16 晴れ

石老山

Aさん、Fさん、Nさん夫妻と私の5人で、石老山(神奈川県、標高702m)に登ってきました。
当初土曜日は休みにするつもりでいたのですが、急きょ金曜夜に登ることを決心。疲れ果ててボロボロだし、大した高さでもないですし、特別な準備いらないし、ストレス発散と今年の準備運動と思って。

茅場町駅で朝6時にNさん号に拾ってもらい、相模湖駅でAさん&Fさんと合流し、8時半頃に相模湖病院を出発。

t-DSC_1477

”感想文”的解説が付けられた奇岩を見たり、
(↓足をかけている岩の窪みは、「馬の蹄の跡」と伝えられているらしいw)

t-DSC_1505

お花を見たりしながら、

t-DSC_1518

スローペースで登って、山頂に10時半頃到着。

t-DSC_1540

頂上ではパンケーキを焼いて、

t-DSC_1560

食べて、

t-DSC_1561

東葉勝田台まで行っちゃった神戸のおみやげを配って、

t-DSC_1547

12時ちょっと前くらいに下山を始めて、

t-DSC_1579

13時頃に相模湖病院着。

帰りは、ドライブがてら高井戸まで一般道。洗車が面白かったw
その後は高井戸から新富町まで首都高(C1内回り経由)で、東陽町まで送っていただきました。

コースはこんな感じ…と地形図で説明しようかと思ったら、
今後を考えると制限を越えそうなので、国土地理院に申請せねば。

で、ふと、以前デイリーポータルZで飯豊山の記事を見たなーと思い出しまして。

標高2000メートルの盲腸県境と危険すぎる県境

「これだけ幅が狭いと、片足づつ山形県と新潟県において、福島をひとまたぎできるかもね、アハハ」なんて冗談はよく言うのだが、標高2000メートル近い山にわざわざ行ってそんな冗談をほんとに実行するひとはいない。
ただ、そんなことするやついないだろうなーと思うと、逆に行ってやってみたくなる。というか、むしろ県境マニアとして、どうしてもやりたい。

雨が降ったら滑らないように要注意、かしら(「怖い」よりも「行きたい」が勝ちw)。しかし、一番の心配は左の腸脛靭帯炎 orz

→ 続きを読むためには、ユーザー登録が必要です。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目